長男の進学に伴う引越し

長男が大学進学に伴って、東京のアパートへ一人住まいする事になりました。 この不景気の折りに実家から通わせずに、 一人暮らしをさせるとは甘い親だと周囲に笑われながらの決断です。

実家から通学してくれた方が、コスト面やセキュリティ面などで嬉しいのは確かですが、 大学への通学への利便性や学生時代の一人暮らしの経験は 何者にも代えがたいとの判断をしたからです。

合格が判ってから早めに学生用のアパートを探した為に、好条件の物件を借りる事ができました。 次に問題になったのは引越しの問題です。 単身者の男子学生一人分の荷物等はしょせんたかが知れています。

少々かさばるものとしては、息子の趣味が読書の為に、 人よりもハードカバーの書籍が幾分多い事でしょうか。 最初はテレビ等で良く宣伝されている、有名引越し業者の単身引越しパックを 利用するつもりだったのですが、いざ見積もりをしてみると、カタログに提示してあった価格より、 かなり割高な金額を提示されてしまいました。

私も妻も働いている為に、仕事が終わった夕方からの引っ越しは可能かと確認すると、 それもダメとの事。

2、3年前に息子を進学させて、同様の引越し経験のある年配の知人に相談すると、 そんな時は軽トラックでの引越しが適していると、助言をしてもらいました。 有名引越し業者の単身引越しパックとは違って、依頼者も荷物を運ぶ必要はあるそうですが、 「引越しをする当人に自分の荷物を運ばせてこそ、有り難みが判るんだよ」と、彼は言っていました。

これは至言だと思い、軽トラックでの引越しを実際に利用してみましたが、 ドライバーの方と息子の二人で思ったより簡単に引越しを行う事ができました。

女性の引越しスタッフ

結婚する前に、同棲していたときのことです。 お互い1人暮らしだったので、それぞれに引越し業者を頼んで引越しをしました。

当時、私の奥さんは私の家とは離れたところに済んでいたので、 彼女の引越しを私が手伝うことができませんでした。 1人暮らしの引越しということで、 男性が自宅まで入ってくることに大きな抵抗を感じていました。

そこで私が調べて、荷物のまとめから搬出、搬入まで、 すべて女性スタッフが行なってくれるサービスを申し込みました。 女性の荷物とはいえ、そこそこ重い荷物もありました。 冷蔵庫やタンス、テレビなど。非力な女性が持ち運べるのか、少し不安でしたが。

しかし、奥さんの話では、非常にてきぱきしていて、女性ならではの決めこまやかな心遣い、 荷物の扱い方が目に付いて、とても安心できたとのことでした。

一番大変な、荷物のトラックへの積み込みも、 てこの原理を考えてからだに負担がかからないように、 女性でも安心して持ち運べるようにトレーニングされているとのことでした。

ちなみに、わたしの引越しは、男性スタッフばかりで、 しかも不慣れなアルバイトと思われる方が何人かいました。 荷物もそっと床に置くのではなく、すこし投げ置く感じだったので、 やっぱり女性の配慮とは全然違うなと感じました。

引越し前の探検

夫の仕事の都合で何回か引越しをしましたが、考えて決めたつもりでも、 実際に住んでみると「ここが不便だなあ」ということが出てしまいますね。 数回目の引越し先である今の家を探すときは、これまでの経験をフル動員して、 検討に検討を重ねて決めました。

まず、夫の会社から電車通勤1時間圏内の市町村をチェック。 次に、ネットの行政情報をまとめているサイトで、 子育て支援に厚そうな市町村をチェックしました。

保育園待機児童数や、子供の医療費補助、公園の数などを特にみました。 それと、防災マップも確認して、そこの土地環境も考えました。

そして物件サイトで良さげなものをチェック。 ここでも、駅や小学校までの距離や回りの環境を地図で確認して、候補を絞りました。

不動産屋に行く前に、自分たちで車で町を探検。その街の雰囲気も考えました。 これだけ厳選したので、引越してきた今の場所はなかなか快適です。 一度引っ越してしまうと、そうそうすぐに新しいところには行けないし、 選ぶ時の苦労はしておいた方がいいですね。

引越しの見積もり体験談

結婚が決まり、引っ越しをすることが決まりました。 引っ越し業者に頼んだ事がなく、どこの業者でお願いをするか悩み、 ネットサイトで引っ越し希望の旨を記入すると、幾社から電話をいただき、 見積もりをいただける事になりました。 業者の方に来ていただき、自宅で見積もりを行い、金額の提示された時、 最初の業者に聞かれた為、今回は3社の中から選ぶ事を伝えました。

すると、手のひらを返したように他の業者の悪口を並べられ、 次の見積もり業者の方がもう来てるのに全く帰る気なく、今すぐ契約してください。 と半ば強制でした。 初めてだったので、こんなに必死さを出されても逆に怖くなり、 そこの業者へ頼むのはやめました。

3社の見積もりを見た結果、ネット口コミで人気の高い業者へ依頼することに決め、 無事引っ越しは終えました。 植木を1つ引っ越しの際に折られてしましましたが、 保障がなかったことと業者さんの対応が良かったので目をつぶりました。 いま思うと、最初に見積もりしていただけた業者の見積もりは他社の2~3倍の金額提示でした。

しかし、引っ越しすると何かもらえたり、見積もりだけでお米くれました。 嬉しいけど引っ越しは安くて信頼できるとこがいいです。 引っ越しはピン切りなので、あまりにも無知だと怖く、 交渉などで頭使うのでなんだかどっと疲れが出ました。